FC2ブログ
鶏ムネ肉
2014/07/25(金)
★ライス
朝ごはん
 検査のためなし

15:00
 すいか

2014-07-25-r.jpg

夜ごはん
 鶏ムネ肉・・・75g
 白米・・・30g
 わわさい・ブロッコリー・きゅうり・しいたけ・えのき・まいたけ
 りんご酢・MCTオイル・ヨーグルト(食後)
 サプリなど・・・消化酵素・ピュリファイ・アニマストラス・カルシウム粉・ミルトラハイパーミックス
          マリアアザミFFD・プレミアムシベリア人参



★ネオ
朝ごはん
 検査のためなし
 ハナビラダケ(食前)

2014-07-25-n.jpg

12:20
 ティンバーウルフ・プラチナム(ウィルダネスエルク)・・・100g
 ティンバーウルフ・プラチナム(ブラックフォレスト)・・・50g
 ピナクル(ダック&ポテト)・・・30g

15:00
 すいか

夜ごはん
 鶏ムネ肉・・・253g
 わわさい・ブロッコリー・きゅうり・しいたけ・えのき・まいたけ
 りんご酢・ヨーグルト(食後)
 サプリなど・・・消化酵素・ピュリファイ・アニマストラス・カルシウム粉・ミルトラハイパーミックス
          マリアアザミFFD・プレミアムシベリア人参・グリコフレックスⅢ
スポンサーサイト



【 2014/07/25 20:20 ★ わんこご飯 / 鶏肉

12回目の定期検診@岐大
2014/07/25(金)
放射線治療中止から2年1ヶ月。
本当は来週の8月1日にライスもネオも予約を取ってあったのだけど、ネオの治療法を変更することにしたので、ふたりとも今週に変更してもらいました。

2014-07-25-1.jpg

ほぼ毎週のように通っている病院。
と~ぜん、今日も付き添いだと思って、余裕しゃくしゃくの大あくびのらいちゅ。

2014-07-25-2.jpg

出かける前にオシッコ採ったことを、すっかり忘れているようです(^^*)

2014-07-25-3.jpg

約半年ぶりに、岐大の自動ドアを開けました。
今日は肝細胞癌の8回目の定期検診です。

2014-07-25-4.jpg

この半年間で、変わったことといえば、さらに疲れやすくなったこと。
・暑くなると疲れやすくなる、毎年のものなのか、
・肝臓の腫瘍が大きくなっていたり、どこかに転移したからなのか、
・それとも加齢によるものか、
いろんな可能性を考えて、血液検査・CT検査で全身のチェックです。
**********
が、このあと口輪をつけようとしたら、口輪に噛み付く噛み付くっ!
いままでこんなことなかったのに、毎週ネオについてきていることも関係あるのかな。

2014-07-25-5.jpg

なんとか口輪をつけ、今日も診察室で前処置です。
まず左手から血管確保?に入ったのに、針をグリグリ・グリグリしてもうまく取れず・・・。
右手に替えるも、どれだけグリグリしても一滴も出てこないから、針を抜いてやり直し。
たけど、やっぱりうまくいかず・・・。
再び左手で、今度は駆血(ってゆ~のか?)し、針を細くしたら、やっとチョロチョロと出てきました。
無駄に踏ん張るから血管カッチカチだし、血管も細くなっているようで、血管確保も大仕事です(^^;)
**********
チョロチョロとしか出ないので、ゆ~っくりゆ~~っくり引いて、なんとか採血し、そのまま鎮静剤と麻酔?も注入するも、

2014-07-25-6.jpg

今日はなかなか効かず・・・。

2014-07-25-7.jpg

先生が触れるようになったら、何度も心音をチェックし、落ち着いたところでストレッチャーに移動し、そのままCT検査です。
らいちゅ、いってらっしゃい。

2014-07-25-8.jpg

★血液検査(1/31より)
・ALT・・・278(+149)
・AST・・・36(+7)
・ALP・・・3369(+1245)
肝機能の数値はあいかわらず高値で、ALTとALPが一気に高くなってました(>_<)
・BUN・・・25.0(+1.4)
・CRE・・・1.4(+0.1)
腎機能の数値は正常値内で、腎機能の低下は進んでおらず、うまく食事でコントロール出来ているようです。
・Na・・・150(±0)
・TP・・・8.6(+0.8)
これは昨夜から水分を取ってないことや、ハァハァのしすぎで、軽い脱水かなと・・・。
★尿検査
・尿比重・・・1.032
・pH・・・6.0
・蛋白・・・「+」
・その他・・・異常なし。
尿比重も正常値で、やはり腎機能はそれほど低下してないだろうと・・・。
ただ、蛋白が「+」なので、また膀胱炎なのかもしれない・・・。
★CT検査
肝臓の腫瘍は9センチ弱と、半年で3センチ弱大きくなってました(涙)
なにもせずに半年なので、ある程度大きくなっているだろうと思ってたけど、さすがに9センチは大きい。
ただ、肺やほかの場所に転移はみられず、この大きなひと塊の腫瘍が肝臓にあるのみだそうです。
しかし、胃を圧迫し出しているし、胆管も圧迫するようになってくるので、この先、食欲不振や軟便の症状が出てくる可能性が高いそうです。
腫瘍は肝臓全体の4分の1くらいだそうですが、25%が腫瘍で正常な部分が75%ということではなく、腫瘍の部分の25%が増えて、肝臓は125%になっているそうです。
ちなみにライスの肝臓は右側が小さいそうです。
**********
このまま大きくなるのを、じっと見ていくしかないのだろうか・・・。
わかっていながら、また今日も聞いてしまいました。
何か方法はないか。
何かやれることはないか。
ほんの少しの沈黙のあと、抗がん剤はあまり効かない肝細胞癌だけど、どのガンも大きくなる原理?は同じなので、ネオの使う飲み薬@シクロホスファミドを試してみるか。と。
だけど、抗がん剤は細胞分裂のスピードが速いものに効くので、高分化型の腫瘍に効くとは思えない・・・。
それなら、また放射線治療をしてみるか。
最初の腫瘍は完全になくなっているので、間違いなく効果はあるだろうけど、2度はできないはず。
あとは摘出手術・・・。
肝細胞癌は摘出できれば完治も見込めるもので、最初と違って今は一葉にとどまっているからできるはずなんだけど、手術の提案はない。
けど、肝臓の手術は難しいらしいし、もう13歳だし、それにこの性格だし・・・。
たとえできたとしても、最初ができないって言われたから、今さらってのもあるけど、やはり最初の時と同様、手術はしたがらない様子。
やはり手詰まりの状態。
でも、あとひとつだけ聞いてみました。
それは、ネオが最後にやる予定の、

2014-07-25-9.jpg

分子標的治療
すでに人間では多く行われてる治療で、現在のがん治療で主流となりつつある治療法だとか。
いままで動物用はなくて人間用のものを使っていたようだけど、今年の4月に動物用の分子標的薬が発売されたらしく、最新の治療薬。
従来の抗がん剤は、がん細胞を攻撃するとともに、正常細胞までダメージをうけるので、細胞分裂をしている骨髄や消化管なども影響を受けて、それが副作用となって現れるんだけど、分子標的薬はがん細胞だけをやっつけてくれるので副作用がない。
まさに夢のような薬。
といっても、まったく副作用がないわけではないようだけど、抗がん剤よりはるかに副作用が少ないらしい。
ただ、効果があるのは肥満細胞腫らしく、ほかの腫瘍でも効果があるものもあるそうですが、肝細胞癌に効果があるかは未知の世界。
ちなみに、岐大では肝細胞癌にも血管肉腫にも使ったことがないとか・・・。
**********
このままなにもしなければ、どんどん大きくなっていきます。
分子標的薬は飲み薬だし、副作用も少ないってことなので、ライスへの負担も少ないと思い、試してみることにしました。

2014-07-25-10.jpg

これが今年4月に発売となったパラディア錠。
2日に1回のお薬で、ライスの体重だと1回2錠。
が、、めっちゃ高いっ!
なんと、1錠855円(驚)
**********
ライスは薬だけを上手に吐き出します(^^;)
特に苦い抗生剤はありえないところに落ちていることもあるので、先生に「味は?」と聞いてみましたら、飲んだことはないのでわからないと笑ってました(^^*)
なので、飲まないこともありえるし、副作用がないとも言えないので、とりあえず10日分もらって帰ってきました。
**********
効果があるかどうかは、やってみないとわかりません。
ドブにお金を捨てることになる可能性も十分ありますが、効果があれば論文になるかもしれません(笑)
ということで、ネオより先に分子標的治療をはじめることになったらいちゅです。
効くといいね。

2014-07-25-11.jpg

体重・・・12.50kg(-0.3)
**********
診察料・・・¥1,200
検査料(血液検査・CT検査)・・・¥20,900
注射料・・・¥2,450
薬(10日分)
 パラディア錠15mg(2日1回/1回2錠)・・・¥8,550
その他・・・¥150

******************************

◆◇◆2017年5月追記◆◇◆

★2014年2月4日


【TEL】
 こないだ伝え忘れていたが、左右の手と足が同時に出るようになった。
 「2月27日ネオちゃん来院時」
 次回CT検査時にMRIも?

**********

2014-07-25-ct2.jpg

★2014年7月25日

【体重】
 12.50kg

【問診】
 初診から26ケ月、RT終了から24ヶ月経過。

 暑くなってから、疲れ易い。(昨年もそうだったが、昨年よりひどい)。
 動きたがらない。
 朝起きてすぐは食欲なし(しばらくして食べ始める)。
 便良好。
 2ヶ月毎に紹介病院で血液検査を実施→腎数値安定している。

【尿検査】
 比重・・・1.032
 pH・・・6.0
 蛋白・・・(+)

【CT検査】
 内側左葉の腫瘤がさらに増大し(9×5.4cm)、周囲臓器(主に胃)を圧迫し始めている。
 造影剤により腫瘍内部は不均一に増強されており、増大に伴って壊死領域が生じているものと思われる。
 その他遠隔転移は認められない。

【処方薬】
 パラディア錠15
  1回2T 1日1回 2日毎 10日分(2.4mg/kg EOD)

【所見】
 半年前と比べると肝臓腫瘍はかなり増大しており、今後一般状態の低下が起こってくる可能性が高い。
 もともと手術や放射線治療などは望まれていなかったが、分子標的薬に期待してみたいとのこと。
 (パラディアの肝細胞癌に対するエビデンスは今のところないということは伝済)
 パラディアは、まず10日分だけ処方し副作用が出ないかどうか確認してもらう。
 継続できそうであれば、次回8月7日のネオちゃん受診時に追加で処方することとなった。

 3ヶ月後再診。

******************************


★血液検査&尿検査

【 2014/07/25 12:10 ★ わんことの生活 / 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎

治療法の変更@通院13日目
2014/07/25(金)
次回の病院は8月1日にドキソルビシンを投与する予定で予約を入れてありました。
ただ、ミトキサントロンを投与した1週間後の先週の検査で肝臓の腫瘍が1.5cmも大きくなっていて、後半はさらに大きくなる可能性があることから、「それまで待てない」ってのが正直な思いで、少しでも早く次の治療をしたいと考え、GWに使った飲み薬なら今週から飲めるのではないかと、月曜日に先生に相談しました。
**********
ドキソルビシンの点滴投与とメトロノミック療法のシクロホスファミド&プレビコックスの飲み薬の違いは、
・点滴で投与する抗がん剤の効果がもっともあるのは投与した数時間らしく、そのあとの効果は少しだけで、白血球が戻るまでの最低3週間は次回の投与はできなこと。
・飲み薬は2日に1回飲むことによって、劇的な効果は期待できないけど、ずっと少量の抗がん剤が効いていることになるので、長い目で見たら、ドキソルビシンとメトロノミックの効果の差はほとんどないそうです。
ただ、進行の速い血管肉腫に「のんびりゆっくり」ってのはどうなのかな~と不安はあるものの、最初からミトキサントロンが効きにくくなったら飲み薬に変更する予定だったので、心臓に負担がかかることがわかっていて、効くかわからない同系統のドキソルビシンを投与するより、飲み薬に切り替えたほうがいいかなとのことでした。
前回お聞きした分子標的薬は、血管肉腫に効果があるらしいのですが、これを使うのは飲み薬も効かなくなったときだそうです。
人間では抗がん剤と分子標的薬の併用をしているのでどうなのかお聞きしましたら、まだ発売されたばかりのお薬なので症例数も少なく、今は併用は薦めないと・・・。
ただ、将来的には併用できることになるだろうとのことでした。
それと、お盆休みに旅行に行きたいことを伝えると、旅行中も飲み薬で抗がん剤が効いている状態の方が安心できるということで、次回の治療はドキソルビシンの投与から飲み薬での投与に変更することにしました。
**********
とゆ~ことで、

2014-07-25-12.jpg

ライス共々1週間前倒しの病院となりました。
しかし、暑くて写真どころではありません(×_×)
**********
受付けでライスとネオどちらが先になっているか確認すると、「どちらも10時です」とのことだったので、

2014-07-25-13.jpg

待ち時間を快適?に過ごせるネオを連れて待つことに・・・。
が、

2014-07-25-14.jpg

先に呼ばれたのはライスだったので、おべ。ちゃんは車で待機となりました。
**********
ライスとネオの先生は違うので、事前にどちらが先でもいいのですが、麻酔をかけるライスをあとに返してほしいことだけは伝えてあったのですが、ライスの診察中におべ。ちゃんも呼ばれました。
まさかのダブルブッキングです(笑)
**********
血管確保に手間取ったライスを預け、

2014-07-25-15.jpg

次はおべ。ちゃんの番です。
今日はとおさんも一緒なので、診察台に乗せるためのおべ。ちゃん争奪戦にはなりませんでした(笑)
**********
腹部エコーで腫瘤の確認をし、血液検査で飲み薬が飲める状態か調べるそうです。
お迎えは30分後。
これなら、間違いなくネオが先だと思われます。

2014-07-25-17.jpg

予定通り、11時に検査室から診察室へ先生を引っ張って出てきました(^^;)
あいかわらずハチャメチャです(^^*)

2014-07-25-18.jpg

★血液検査(7/18)
・白血球(60~170)・・・66(49
抗がん剤投与2週間後の血液検査ははじめてです。
白血球はどれくらい戻っているのかな~と思っていたら、すでに正常値内に戻ってました。
*----------*
・赤血球(550~850)・・・540512
・ヘモグロビン(12~18)・・・13.3(12.8)
・ヘマトクリット(37~55)・・・38.4(36.4
赤血球はまだ正常値内には戻ってませんでしたが、ヘマトクリットは正常値内で、順調に回復しております。
*----------*
・血小板(20~50)・・・49.7(40.4)
またあがってきています。
おべ。ちゃんの骨髄ってどんだけ働き者なんだろ(^^*)
*----------*
・ALT(17~78)・・・38(37)
・AST(23~32)・・・22(23) ・ALP(47~254)・・・73(70)
たまにASTが正常値を下回ることがあるけど、特に問題はない。
これが極端に低い場合は、たんぱく質不足や酵素の働きが弱くなっている場合がある。
・BUN(9.2~29.2)・・・26.9(23.3)
・CRE(0.4~1.4)・・・0.9(0.8)
腎機能は問題なし。
★腹部エコー(7/18)
肝臓外側左葉腫瘤・・・4.9cm×2.7cm(4.7×2.7)
先週とほぼ変わっておらず、腫瘤内部の状態も変わってないことから現状維持。
出血した様子もない。
大きくなっていることを覚悟していたので嬉しい結果なのですが、これは一体ど~ゆ~ことなんでしょうね(・・?)
先生もわからないとおっしゃいました。
抗がん剤が効いたのかな。
**********
この状態なら飲み薬を飲んでいいそうです。

2014-07-25-19.jpg

★抗がん剤 お薬は前回と同じで、
抗がん剤のシクロホスファミドは2日に1回。
消炎剤のプレビコックスは1日1回。
副作用として膀胱炎の報告があるので、オシッコを溜め込まないために朝の服用。
素手厳禁&排泄物の処理も注意。
30日分処方していただきましたが、念のため旅行へ行く前に検査をして、その状態によって出掛けるか出掛けないかを判断しようと思います。
**********
このあと、ライスの検査結果を聞いてる間、ライスの先生にもいっぱいナデナデしたもらったさせた?おべ。ちゃんです。

2014-07-25-20.jpg

今日の会計はふたり分。
しかもライスの高価な分子標的薬があるので恐ろしい・・・(^^;)

2014-07-25-21.jpg

体重(7/23)・・・22.35kg(-0.77)
**********
診察料・・・¥1,200
検査料(血液検査・腹部エコー)・・・¥3,700
薬(30日分)・・・¥5,370
・シクロホスファミド(抗がん剤・2日に1回)
・プレビコックス(消炎剤・1日1回)

★血液・生化学検査

【 2014/07/25 12:00 ★ わんこご飯 / 血管肉腫

| ホーム |


spacer.gif