FC2ブログ
精密検査と手術入院
2014/02/27(木)
おべ。ちゃんのお腹の中にしこりが見つかってから、これが何なのか不安で不安でしかたありませんでした。
1日も早くこの正体を知りたかったのに、いざとなると怖くて行きたくありませんでした。
**********
かかりつけ医で取ってもらった予約は一番早くて3月4日でした。
しこりがあるとわかって10日もあとです。
12月の定期検診では異常がなかったので、短期間でこれだけ急に大きくなったことと、もしこの腫瘍が脾臓にあるとしたら、破裂してしまうことが怖かったので、ライスの先生になんとかならないかと相談しようと電話したら、昨年の6月のときにネオを診てくださった先生が、2月27日に予約を入れてくれました。

2014-02-27-1.jpg

今日、精密検査に行ってきました。
**********
強引に入れてもらった予約時間は9時30分。
9時ちょっと前に病院に着きました。

2014-02-27-2.jpg

9時30分ちょっと前に診察室へ呼ばれました。
**********
検査は血液検査とCT検査と針生検。
だけど、もし・・・もしも脾臓の血管肉腫であった場合、腫瘍に針を刺してガン細胞を散らしてしまうことが怖かったので、この時点では針生検をお断りし、血液検査とCT検査をして、場所の特定が出来たら連絡をいただけるようにお願いしました。
今日は混雑していて、CT検査は午後からになるとのことでした。
まだ時間があるので、それまでは一緒にいられるのかな~と思ったけど、10歳という年齢を考えると、麻酔は時間をかけてゆっくりかけたいとのことで、このままお預かりです。
**********
このあと、ライスの先生ともお話をしました。
ネオの先生には、一方的にこちらの意見を言ってしまったので、改めて摘出と針生検についてお伺いすると、
①血管肉腫の場合、確かに針を刺すにはリスクはあり、摘出することが一番。
②リンパ腫の場合、摘出しても変わりはなく、できるだけ早くに抗がん剤治療を始めるべきなので、手術後の回復を待つ時間が惜しい。
③組織球性肉腫の場合、中には血球貪食性組織球性肉腫といって、血液を食べてしまうものもあるので、その場合、脾臓を摘出してしまうと、かえって貧血が進んでしまい、どんどん状態が悪くなってしまう。
とのことから、本当に摘出してもいいのもかを確かめるために、細い針で細胞を採取したほうがいいとのことでした。
**********
とりあえず、連絡があるまで車の中で考えることにしました。

2014-02-27-4.jpg

待ってる間も、ずっと雨が降っていました。
冷たい雨です。
**********
ようやく13時半頃連絡があり、再び説明を聞きに行きました。
血液検査の結果、貧血などの症状はみられず、7センチほどの腫瘍は脾臓にありました。
画像だけではどんなものかわからず、凝固系の心配もないとのことで、腫瘍に針を刺して細胞を採取したいとのことでしたが、どうしても踏み切れない場合は、後日改めて脾臓を摘出したあとに調べますとのことでした。
とにかく破裂してしまうことが怖かったので、今日は摘出手術できないのかとたずねると、「今日はいっぱいで無理です」との返答で、早くて来週の月曜日になるとのことでした。
それに、今日は検査や麻酔で体力が落ちてる可能性もあるので、1日でも間隔を開け体力が回復してから手術することが理想だそうです。
結局、迷って迷って、リスクはあるものの、針生検をすることにしました。
もしリンパ腫ならリンパ液が引け、血管肉腫だったら血液が引けるそうなので、ある程度の判断がつくそうです。
画像で見る限り、転移はみられませんでした。
検査は1時間ほどです。
**********
しかし、針生検をお願いしたものの、「やっぱり・・・」という気持ちがどこかに残っていて、途中で先生を呼んでもらいましたが、すでに検査は終わっていて、2箇所から細胞を採り、止血もしっかりできてるので安心ですとのことでした。
採取できたのは血液で、細胞を顕微鏡で見た限り、リンパ腫や組織球性肉腫の可能性は低く、血管肉腫の可能性が高いとのことで、脾臓の摘出が第一治療となりました。
腫瘤’(血の塊)は7センチもあります。
いつ破裂してもおかしくないのではないかと考え、「週末を挟むこと、暴れることが多いこと」などから、無理を承知でもう一度「今日手術してもらえないか」と頼むと、緊急扱いで、今日の夕方手術してもらえることになりました。
**********
脾臓からはたくさんの血管が出ていて、それらをすべて切って結紮し摘出するのだけど、血管1本1本を切って~縫って~の術式だと時間もかかるそうですが、そこはさすが大学病院!
脾臓とつながっている血管をまとめて一気に切って一気に縫合?(レーザーで焼き切る??)ができる最新の器具???を使うので、脾臓の摘出だけなら10~15分程、癒着などがなければ1時間ほどで、手術自体は難しいものではないそうです。
検査と手術の麻酔は違うらしく、一旦今の麻酔から醒まし、回復のための点滴をし、18時頃から摘出手術になります。
**********
「だいぶん麻酔から醒めているので、会っていかれますか?」と言われましたが、なんといっても暴れん坊&甘えん坊のおべ。ちゃんです。
とおさんかあさんの顔を見たら暴れだすのはわかっていたし、手術前に興奮させてしまうのも怖かったし、ちょっと顔を見ただけで、またおいてかれたら、余計にさみしい思いをさせてしまうのではないかと思い、「こっそり見てから帰ります」と、入院病棟近くまで連れてってもらうと、こっちを見ていて目が合いそうだったので、とっさにしゃがみ込んでしまい、チラッとしかおべ。ちゃんの顔を見られませんでした。
なので、

2014-02-27-5.jpg

先生に写真を撮ってきてもらいました。
いつもと顔が違います。
疲れているような、不安そうな、血走ってるような瞳をしていました。
会いたいのも、ナデナデしてあげたいのも、グッと我慢して帰ってきました。

2014-02-27-7.jpg

20時頃、「手術は無事に終わり、麻酔からも醒めてます」と病院から連絡がありました。
手術は18時頃から始まり、終わったのは19時ちょっと前で、摘出した脾臓は1.5倍ほどと大きくなっていて、腫瘍も大きく7センチ弱くらいだったそうです。
破裂した様子もなく、出血量も少なく、見た範囲での転移はないそうです。
摘出した脾臓と腫瘍は病理検査に出し、もし血管肉腫だった場合は抗がん剤治療になるそうです。
でも、もしかしたら、限りなくゼロに近いかもしれなけど、良性の腫瘍であるかもしれません。
そうであってほしいと祈っています。
**********
おべ。ちゃんは、とてつもなくさみしがり屋です。
今まで、ひとりで夜を過ごしたことはありません。
病院では当直がいないので、暴れるかもしれないことと、不安になると物をかじる癖があるので、点滴の管を噛み切ってしまうかもしれないこと伝えると、あと2.3時間様子をみていて、点滴は外すかもしれないとのことでした。
心配です。
とにかく、心配でなりません。
こんなときこそ、傍にいてあげたいのに・・・。
**********
明日午前の血液検査の結果がよければ、午後のお迎えになります。

2014-02-27-6.jpg

体重・・・23.46kg(-0.36)
**********
会計は退院のときまとめてだそうです(恐)

血液・生化学検査
★血液・生化学検査の結果★
項目
正常値
日付
WBC
白血球

RBC
赤血球

HGB
ヘモグロビン

HCT
ヘマトクリット

岐阜大学 60~170 550~850 12~18 37~55
かかりつけ 60~150 550~1000 12~18 40~55
2014/2/27 90 608 14.0 40.4
12/7 88 692 16.1 47.4
6/10 61 680 16.9 48.3
2013/4/30 72 679 15.9 45.9
10/22 66 623 14.5 42.3
2012/5/16 77 609 14.2 41.9
11/11 78 712 16.9 48.3
9/21 59 593 14.0 41.2
2006/7/29 64 538 13.1 38.9

項目
正常値
日付
MCV
平均赤血球
容積
MCH
平均赤血球
血色素量
MCHC
平均赤血球
血色素濃度
RDW
赤血球分布幅

岐阜大学 - - - -
2014/2/27 66.4 23.0 35.4 11.2
2013/6/10 71.0 24.9 35.0 10.9

項目
正常値
日付
LY
リンパ球

MO
単球

EO
好酸球

GR
顆粒球

LY%


MO%


EO%


GR%


岐阜大学 - - - - 10~40 3~6 2~5 50~80
2014/2/27 18 4 1 67 19.7 4.5 0.7 75.1
2013/6/10 13 3 1 44 21.2 4.4 1.1 73.3
※ 「LY・MO・EO・GR」を足したものが「WBC(白血球)」

項目
正常値
日付
PLT
血小板

PCT
血小板濃度

MPV
平均血小板容積

PDW
血小板分布幅

岐阜大学 20~50 - - -
かかりつけ 10~45 - - -
2014/2/27 35.4 0.22 6.2 16.1
12/7 34.0 - - -
6/10 21.0 - - -
2013/4/30 27.2 - - -
10/22 22.0 - - -
2012/5/16 26.6 - - -
11/11 19.3 - - -
9/21 22.9 - - -
2006/7/29 38.9 - - -

項目
正常値
日付
CRP


GLU
血糖値

T-CHO
総コレステロール

T-BIL
総ビリルビン

TP
総タンパク

岐阜大学 ~0.4 70~140 111~312 0.1~0.5 5.0~7.2
かかりつけ - 70~143 110~320 0~0.9 5.2~8.2
2014/2/27 - 97 339 0.1 -
12/7 - 98 223 0.4 6.3
6/10 - 82 - - -
2013/4/30 - 95 241 0.3 6.5
かかりつけ - 55~110 81~157 0.2~0.4 6.0~6.8
10/22 - 85 263 0.2 5.2
2012/5/16 - 92 206 0.2 5.4
11/11 - 87 291 0.2 -
9/21 - 75 244 0.2 5.3
2006/7/29 - 98 181 0.2 -

項目
正常値
日付
ALT


AST


GGT


ALP


岐阜大学 17~78 20~32 - 47~254
かかりつけ 10~100 - 0~7 23~212
2014/2/27 27 36 - 73
12/7 50 - 0 41
6/10 36 25 - 51
2013/4/30 52 - 0 43
かかりつけ 10~50 10~30 - 10~200
10/22 22 10 - 50
2012/5/16 35 10 - 50
11/11 45 12 - -
2011/9/21 73 11 - 50
2006/7/29 51 10 - -

項目
正常値
日付
ALB
アルブミン

GLOB
グロブリン

ALB/GLOB


BUN
尿素窒素

CREA
クレアチニン

BUN/CREA


岐阜大学 2.5~3.6 - - 9.2~29.2 0.4~1.4 -
かかりつけ 2.2~3.9 2.5~4.5 - 7~27 0.5~1.8 -
2014/2/27 3.4 - - 23.9 0.8 -
12/7 2.8 3.5 0.8 25.0 1.3 19
6/10 - - - 13.1 1.0 -
2013/4/30 2.9 3.6 0.8 23 1.2 19
10/22 - - - 22.0 - -
2012/5/16 - - - 23 - -
11/11 - - - 23 - -
9/21 - - - 23.0 - -
2006/7/29 - - - 12 - -

項目
正常値
日付
Ca
カルシウム

IP
無機リン

Na
ナトリウム

K
カリウム

Cl
クロール

岐阜大学 9.2~10.9 4.1~5.5 133~146 3.9~5.1 100~120
かかりつけ 7.9~12.0 2.5~6.8 141~152 4.4~5.5 105~115
2014/2/27 10.9 3.2 - - -
12/7 9.1 4.2 - - -
2013/4/30 9.1 3.6 - - -

【 2014/02/27 15:00 ★ わんことの生活 / 血管肉腫

| ホーム |


spacer.gif