FC2ブログ
14回目の定期検診@岐大
2014/10/03(金)
2014-10-03-1.jpg

今週も病院です。
と~ぜん付き添いだと思って、余裕の大あくびのらいちゅです。
**********
こんなことがあって、予定外の検査を受けることになったライスの検診に、とおさんも一緒に行きたいというので、おべ。ちゃんの検診も1日ずらしてもらい、ゾロゾロと一家総出でやってきたおべ。家です。
**********
おべ。ちゃんを預けたあと、

2014-10-03-14.jpg

まさか自分も検査を受けると思ってないライスと外で待ちます。
**********
10時半ごろ呼ばれて、

2014-10-03-15.jpg

ガッツリ口輪を装着して診察室へ。

2014-10-03-16.jpg

VIPなライスは診察室で処置をします(^^;)

2014-10-03-17.jpg

今日の血管確保は、やり直しもなく、グリグリもなく、一発成功!
前回何度もやり直したことを覚えていたのか、今日は最初から腕をチューブで縛ってくれたので、ライスがムキムキするスキもないほどスムーズにすみました。
こ~ゆ~細かいところまで配慮してくださる先生が、気の難しいライスの担当医で本当に助かってます。

2014-10-03-18.jpg

少しづつ鎮静剤と麻酔を入れて、

2014-10-03-19.jpg

ぐんにゃり・・・。

2014-10-03-20.jpg

このまますぐに検査に向かい、お迎えは12時前。

2014-10-03-21.jpg

裏口からガラガラと検査室へ行きました。
らいちゅ、いってらっしゃい。
**********
おべ。ちゃんが先に戻ってくる予定なので、11時にちょっと前に戻り、待合室から診察室の中を物色していると、

2014-10-03-22.jpg

あっ、らいちゅ、いた(*^^*)
パッチンパッチン爪切りしてもらってました。
**********
11時ちょいすぎ、フラフラしながらも、先生を誘導して戻ってきました(^^*)
麻酔の時間が少しでも短くなるように、検査が終わったらすぐに帰ってきました。

2014-10-03-23.jpg

まだ麻酔から覚めたばかりで後足はフニャフニャしてるのでフセをさせましたが、目はギンギラギンで周りの動きを監視してます。
ちょっとくらいゆっくりしようよ。

2014-10-03-24.jpg

爪も短くなりました。
歯石取りもお願いしましたが、キレイだったそうです。

2014-10-03-25.jpg

11時40分、まずはおべ。ちゃんの検査結果を聞き、そのまま診察室を移動することなくライスの結果へ。
**********
★血液検査(7/25より)
白血球も血小板も問題なく、貧血の心配もなし。
腎機能も正常値以内で現状維持。
肝機能の数値は、
・GOT(20~32)・・・23(-23)
・GPT(17~78)・・・101(-177)
・ALT(47~254)・・・1217(-2152)
GPTとALPはまだ正常値より高いが、どの数値も激減。
2012年4月から、ここまで下がったのははじめてで、これは本当に「もしかして」があるのかもしれません。
そして、

2014-10-03-29.jpg

CT画像を見せてもらった瞬間、とおさんのわけのわからん根拠のない自信が確信に変わりました。
**********
★CT検査
7月25日は9.3cm×5.6cmだったものが、5.2cm×3.3と、6割以下まで小さくなってました。
胃も圧迫されていません。
先日の電話で「もし薬が効いていたとしても、腫瘍の大きさが変わらない程度」とのことだったので、この結果に一番驚いたのは先生なのではないでしょうか。

分子標的薬は悪性度の高い低いに関係ありません。
この薬がターゲットとする分子を、ガン細胞が持っているかどうかです。
ライスの肝細胞癌はこの分子を多く持っていたようで、驚くほどの効果がありました。

あとでネオの先生がおっしゃってました。
「もしかしたら、国内初かもしれない」と・・・。

それだけ誰も期待してなくて、驚きの効果があったということのようです。

と~ぜん「できれば続けてほしい」というのが先生の意見です。
なので、あらためてパラディア錠についてお聞きしました。

・効果について
現時点でこの薬を使うタイミングが、もうどの抗がん剤も効かなったときや、もうなにもできなくなったときなので、すでに病状がかなり進行していたり、状態が悪くなっていることが多く、効果を確認する前に亡くなってしまう場合がほとんどであるのと、副作用と価格の面で途中でやめるコが多いとのことから、効果を確認するまでいっていないのが現状だそうです。

ただパラディア錠も抗がん剤なので、永遠に効くものではないはず。
ガン細胞はいつか薬に耐える力を持つようになり、薬よりがん細胞のほうが強くなる時期が来ます。
そうなると、悪性度が増すということになる。
悪性度が低いライスのがん細胞に薬剤耐性がついてしまって、悪性度が増してしまうのは怖いけど、「それがいつなのか」「本当にくるのか」はわからない。
ただ、先生が言うには、このまま薬をやめた状態だと、また大きくなるとのことでした。

まだまだ新しい薬なので、やってみないとわからないことばかりなのが現状のようですが、ただひとつだけ確かなことは、ライスに分子標的薬は効いたということです。

放射線治療が中止になってから、もうなにも出来ることはないと言われ、ただただ大きくなるのをみていくことしかできませんでしたが、ネオの治療で分子標的薬の存在を知り、ダメもとで試してみましたが、副作用で下痢になったため、途中で断念することになり、また大きくなるのをみていくしかなくなりました。

分子標的薬が効いているなんて思ってもなかった8月、思い切って聞いてみました。
「あとどれくらい生きられますか」と・・・。
そしたら、「おそらく1年は厳しいでしょう」とのことで、はじめて余命宣告を受けました。
ただ「肝細胞癌と寿命とどちらか」という感じでしたが、元気な中型犬MIXなら、14歳はなんなくクリアできる歳だそうです。

あの時点で「もしかしたら寿命で」ということだったので、腫瘍がひとまわりもふたまわりも小さくなった今なら、本当に寿命を全うすることができるのではないか、とか、
また治療を再開したら、もしかしたら肝細胞癌に勝てるのかもしれないなどと思ってしまいます。

本当はこれで岐大の検診は最後にするつもりでした。
分子標的薬を再開するつもりもありませんでした。
でも、ここまで効果があると、欲が出てしまいました。
あきらめられない。

2014-10-03-26.jpg

まだ残っている18錠分だけ続けることにしました。
ただし、15mgを2錠のむと下痢になるので、薬の量を減らします。

2014-10-03-27.jpg

体重1kgあたり2.5mgだったのを、最低量の2.3mgより少ない2.0mgで2日に1回からはじめます。
それでも下痢になるようであれば、先生と相談しながら、3日に1回・4日に1回にし、整腸剤や下痢止めを使いながら、下痢で辛い思いをさせないよう様子をみていきます。
**********
らいちゅ、もうちょっと一緒にがんばってくれる?
欲張りで、あきらめの悪いかあさんに、もうちょっとだけつきあってくれるかな。。。

2014-10-03-28.jpg

体重・・・12.15kg(-0.11)
**********
診察料・・・¥1,200
注射料・・・¥2,450
検査料(CT検査・血液検査)・・・¥20,900
薬(18錠・36日分)
・パラディア錠10mg(2日1回/1回1錠)・・・¥10,110
爪切り・・・無料(^^*)

******************************

◆◇◆2017年5月追記◆◇◆

★2014年9月29日


【TEL】
 26日にHDで血液検査を行ったところ、肝酵素値が低下していた

 9/26(5/31) ※ 数値が逆
  ALT・・・182(113)
  ALP・・・778(409)
  GGT・・・ 89( 40)

 パラディアをやめて体重増加(12.26kg)
 下痢も止まっている。

 →パラディアの効果による血液検査が改善したかはまだ分からない。
 〇早い段階でCTを撮り、病変部の評価を行う
 〇1ヶ月後くらいにHDでもう一度血液検査を行ってもらう
 について提示。

**********

2014-10-03-ct2.jpg

★2014年10月3日

【体重】
 12.15kg

【問診】
 初診から29ヵ月、RT終了から27ヵ月経過。
 パラディア投与期間は約2か月、休薬から2週間経過。

 休薬してからは一般状態良好(軟便改善、朝食も食べる)。

【CT検査】
 腫瘍縮小・・・5.6cm×3.6cm (7月25日は9.0cm×5.4cm)
 胃の圧迫は解除されている。
 その他遠隔転移は認められない。

【処方薬】  パラディア錠10
  1回1T 1日1回 2日毎 36日分
 自宅に余っている15mg/tabと1錠ずつ飲ませることで、2.08mg/kg EODに減量して継続することとなった。

【所見】
パラディアにより腫瘍の縮小を認めた。
このまま縮小を維持するためにはパラディアの継続投与が望ましいが、副作用としての下痢が強く出ることから用量を下げるか投与間隔を延ばすか、どちらかの対処が必要となる。
ご相談の結果、まず投与量を下げてみることとなった。
3ヶ月後にCT。
(腎臓や不整脈のことを考え、最後になるかもしれない)

******************************


★血液・生化学検査
★血液・生化学検査
項目
正常値
日付
WBC
白血球

RBC
赤血球

HGB
ヘモグロビン

HCT
ヘマトクリット

HCT%


岐阜大学 60~170 550~850 12~18 37~55 -
かかりつけ 60~150 550~1000 12~18 40~55 -
10/3 95 713 14.7 44.5 -
9/27 115 700 13.7 45.4 -
7/25 77 752 15.7 46.7 -
5/31 87 768 14.4 55.0 -
3/29 84 792 15.4 52.7 -
2014/1/31 78 767 16.7 48.5 -
11/24 121 826 16.3 52.3 -
10/5 65 814 16.7 52.1 -
7/22 61 769 17.2 49.2 50
4/19 68 762 17.2 49.2 52
2/6 - - - - -
2013/2/1 68 747 17.4 50.3 50
11/16 69 811 18.1 53.6 53
9/7 80 789 18.3 51.8 54
7/26 73 832 19.7 52.7 53
6/22 95 807 18.6 51.5 52
6/8 74 777 17.5 50.4 52
5/25 80 744 17.0 48.4 49
5/9 - - - - -
4/25 - - - - -
2012/4/15 88 763 15.6 50.0 -

項目
正常値
日付
MCV
平均赤血球
容積
MCH
平均赤血球
血色素量
MCHC
平均赤血球
血色素濃度
RDW
赤血球分布幅

岐阜大学 60~70 19.5~26.0 32~36 -
10/3 62.4 20.6 33.0 14.0
7/25 62.1 20.9 33.6 13.1
2014/1/31 63.2 21.8 34.4 13.3
7/22 64.0 22.4 35.0 13.0
4/19 64.6 22.6 35.0 12.6
2013/2/1 67.3 23.3 34.6 12.6
11/16 66.1 22.3 33.8 12.9
9/7 65.7 23.2 35.3 12.6
7/26 63.3 23.7 37.4 11.9
6/22 63.8 23.0 36.1 11.4
6/8 64.9 22.5 34.7 12.4
5/25 65.1 22.8 35.1 12.4

項目
正常値
日付
LY
リンパ球

MO
単球

EO
好酸球

GR
顆粒球

LY%


MO%


EO%


GR%


岐阜大学 - - - - 20~40 3~6 2~5 50~75
10/3 20 4 1 70 20.8 3.9 1.4 73.9
7/25 23 4 0 50 29.8 5.2 0.6 64.4
2014/1/31 15 3 2 58 18.8 4.0 3.0 74.2
7/22 12 3 1 45 20.2 4.1 1.8 73.9
4/19 17 3 1 47 24.9 4.0 1.1 70.0
2013/2/1 18 3 1 46 27.1 4.0 1.6 67.3
11/16 22 3 1 43 31.8 3.8 1.7 62.7
9/7 21 3 2 54 25.8 3.9 2.0 68.3
7/26 13 3 1 56 17.5 3.6 1.6 77.3
6/22 18 3 1 73 19.2 3.4 1.0 76.4
6/8 20 4 1 49 27.6 5.0 1.2 66.2
5/25 17 3 4 56 21.3 4.0 4.7 70.0
※ 「LY・MO・EO・GR」を足したものが「WBC(白血球)」

項目
正常値
日付
PLT
血小板

PCT
血小板濃度

MPV
平均血小板容積

PDW
血小板分布幅

岐阜大学 20~50 - - -
かかりつけ 10~45 - - -
10/3 38.2 0.23 6.1 16.0
9/27 32.3 - - -
7/25 34.5 0.21 6.0 15.6
5/31 43.3 - - -
3/29 36.2 - - -
2014/1/32 33.0 0.20 6.0 16.0
11/24 37.2 - - -
10/5 19.2 - - -
7/22 27.2 0.16 5.7 15.3
4/19 27.0 0.18 6.7 15.3
2/6 - - - -
2013/2/1 26.0 0.20 7.6 14.1
11/16 24.6 0.19 7.6 14.5
9/7 31.7 0.21 6.8 15.4
7/26 37.1 0.29 7.9 13.8
6/22 40.1 0.30 7.4 14.8
6/8 33.7 0.26 7.7 14.5
5/25 29.1 0.21 7.2 14.7

項目
正常値
日付
CRP


GLU
血糖値

T-CHO
総コレステロール

TG
中性脂肪

T-BIL
総ビ゙リルビン

TP
総タンパク

岐阜大学 ~0.4 70~140 111~312 17~102 0.1~0.5 5.0~7.2
かかりつけ - 70~143 110~320 - 0~0.9 5.2~8.2
10/3 - - - - - 7.4
9/27 - 105 192 - 0.2 6.9
7/25 - - - - - 8.6
5/31 - 87 211 - 0.4 6.6
3/29 - 94 216 - 0.3 6.9
2014/1/31 - - 310 72 - 7.8
11/24 - 92 245 - 0.6 6.9
10/5 - 84 199 - 0.5 6.4
7/22 0.1 - - - - 7.8
4/19 - - - - - 7.6
2013/2/1 - - - - - 7.9
11/16 - - - - - 7.6
9/7 - - - - - 7.2
7/26 - - - - - 7.8
6/22 0.2 - - - - 8.5
6/8 0.2 - - - - 8.0
5/25 0.1 104 259 - 0.3 7.6
かかりつけ - 55~110 81~157 - 0.2~0.4 6.0~6.8
5/9 - 86 217 - 0.2 -
4/25 - 77 186 - 0.2 -
2012/4/16 - 82 204 - 0.2 -

項目
正常値
日付
ALT


AST


GGT


ALP


岐阜大学 17~78 20~32 - 47~254
かかりつけ 10~100 - 0~7 23~212
10/3 101 23 - 1217
9/27 113 - 40 409
7/25 278 36 - 3369
5/31 182 - 89 778
3/29 158 - 65 600
2014/1/31 129 29 - 2124
11/24 143 - 68 713
10/5 127 - 83 630
7/22 161 44 - 1729
4/19 126 28 - 1614
2/6 - - - -
2/ 1 122 32 - 1672
11/16 145 37 - 1924
9/7 279 58 - 2823
7/26 186 41 - 2552
6/22 167 46 - 2992
6/8 166 34 - 2585
5/25 114 30 - 2224
かかりつけ 10~50 10~30 - 10~200
5/9 148 10 - 1627
4/25 202 10 - 1697
2012/4/16 204 14 - 1138

項目
正常値
日付
ALB
アルブミン

GLOB
グロブリン

ALB/GLOB


BUN
尿素窒素

CREA
クレアチニン

BUN/CREA


岐阜大学 2.5~3.6 - - 9.2~29.2 0.4~1.4 -
かかりつけ 2.2~3.9 2.5~4.5 - 7~27 0.5~1.8 -
10/3 - - - 23.5 1.4 -
9/27 3.5 3.4 1.0 19.0 1.7 11
7/25 - - - 25.0 1.4 -
5/31 3.4 3.2 1.1 23.0 1.5 15
3/29 3.3 3.6 0.9 22.0 1.7 13
2014/1/31 - - - 23.6 1.3 -
11/24 3.1 3.8 0.8 18.0 1.5 12
10/5 3.5 2.9 1.2 29.0 1.2 24
7/22 - - - 34.5 1.4 -
4/19 - - - 27.0 1.2 -
2/6 - - - 21.0 1.7 -
2013/2/1 - - - 32.5 1.2 -
11/16 - - - 26.6 1.1 -
9/7 - - - 24.7 1.1 -
7/26 - - - 24.0 1.1 -
6/22 - - - 24.6 - -
6/8 - - - - - -
5/25 3.8 - - 24.4 1.2 -

項目
正常値
日付
Ca
カルシウム

IP
無機リン

Na
ナトリウム

K
カリウム

Cl
クロール

岐阜大学 9.2~10.9 4.1~5.5 133~146 3.9~5.1 100~120
かかりつけ 7.9~12.0 2.5~6.8 141~152 4.4~5.5 105~115
10/3 - - 149 3.9 119
9/27 10.1 4.9 - - -
7/25 - - 150 4.2 118
5/31 10.0 3.8 - - -
3/29 10.4 3.5 - - -
2014/1/31 - - 150 4.0 119
11/24 10.3 3.8 136 4.0 133
10/5 9.9 3.5 - - -
7/22 - - 148 4.0 117
4/19 - - 149 3.8 121
2/6 - - - - -
2013/2/1 - - 148 3.7 118
11/16 - - 148 3.7 117
9/7 - - 150 3.9 118
7/26 - - 149 3.8 115
6/22 - - - - -
6/8 - - - - -
5/25 10.7 3.0 147 3.7 120

項目
正常値
日付
Amy
アミラーゼ

Lip
リパーゼ

PT


APTT


FIB
フェブリノゲン

岐阜大学 399~1041 30~160 6.8~8.6 13.1~26.9 88~336
2012/5/25 945 130 7.8 17.4 523
・PT・・・プロトロンビン時間
・APTT・・・活性化部分トロンボプラスチン時間

★尿検査
項目
正常値
日付
尿比重


pH


Pro
タンパク

Glu


Ket
ケトン体

Bil
ビルビリン

OB
潜血

Urob
ウロビリノゲン

岐阜大学    
かかりつけ医    
9/27 1.021 6.5
7/25 1.032 6.0          
6/15 1.044 6.0 ±
6/7 1.040 6.5
5/31   6.5
3/29 1.026 7.0
2014/1/31 1.030 8.5            
11/24 1.024 7.0
2013/10/5   7.5

【 2014/10/03 13:25 ★ わんことの生活 / 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎

| ホーム |


spacer.gif