FC2ブログ
15回目の定期検診@岐大
2014/11/28(金)
おべ。ちゃんのことがあって、なかなか行けなかった血液検査へ行ってきました。

2014-11-28-1.jpg

本当はかかりつけ医でするつもりでしたが、おべ。ちゃんの先生にお礼も言わないといけないので、岐大での検査です。

2014-11-28-2.jpg

自分で自動ドアを開けて、

2014-11-28-3.jpg

じゃあね~なの。
おいっ!!
でも、

2014-11-28-4.jpg

いとしのちかぴーさんと一緒なら大丈夫~♪とヒョコヒョコ着いていったかと思いきや、

2014-11-28-5.jpg

椅子に座ると、怖すぎて誰かに訴えておりました・・・。
今日は待合室で待っている間、ガッタガタ震ってました。
**********
11時に呼ばれて、まずは体重測定。
最近腰回りが大きくなったような気がしたので増えていると思ったら、なんと減って11.7kg。
先週の土曜日には12.1kgあったのに・・・。
今朝ごはんを食べたないからかな~。
**********
パラディア錠を再開したのが10月5日。
最初は2日に1回飲んでいましたが、続けるとどうしても粘膜便になってしまいます。
といっても粘膜便になるのは1回だけで、前回のようなひどい下痢をすることはなかったので、本当は薬を止めるほどではなかったのですが、どうしても続けることができませんでした。
数日休薬し、お腹の調子がよくなったら再開を繰り返していましたが、やはりお腹の調子を崩すことがあったので、途中から3日に1回にしてきました。
そんな飲み方だったので、本当なら28回飲むところを、結局17回しか飲むことができませんでした。

前回は52日のうち、30mg(体重1kgあたり2.5mg)を21回服用
今回は53日のうち、25mg(体重1kgあたり2.0mg)を17回服用

期間はほぼ同じですが、今回は量も回数も少なめだったので、もしかしたら効果のない飲み方だったのかもしれないので、腫瘍の大きさを確認するためにCT検査もすることになりました。
それと、肝細胞癌にパラディア錠が効いた症例がないらしく、生検をしたいとの申し出がありました。

調べるのは、
・分子標的薬が効く分子をどれくらい持っているのか。
・飲み続けたことで、がん細胞に変化があったかどうか。
などです。
それと、放射線治療をした最初の腫瘍は生検をして高分化型の肝細胞癌の診断を受けましたが、今ある腫瘍は針を刺すのが難しい場所であることから生検はしておらず、おそらく同じ高分化型の肝細胞癌ではないかとのことで経過をみてきましたが、これではっきりさせることができます。

ライスへの負担は、
・ちょっと麻酔時間が長くなることと、生検なのでお腹に針を刺すこと。
・この腫瘍は横隔膜近くの奥のほうなので、針を刺すのが難しい場所であること。
・場所が場所なだけに、もしかしたら細胞が採れない可能性もあるとのこと。
などです。

元々、今後の分子標的薬の役に立つのであれば・・・とはじめた治療なので、断る理由はありません。

2014-11-28-7.jpg

ということで、検査は血液検査・尿検査・CT検査・生検と、超音波検査も。
それに、歯石取りと爪切りも~(^^*)
いつものように、VIP待遇?の診察室で処置です。
**********
右前足にグリグリ針を刺されるもうまくいかず、はいやり直し・・・(ーー;)
2度目で確保できるも、力が入っていて血液の出が悪く、検査分の血液が採れず、足りない分は右後足からぶちゅ~と抜かれました。
鎮静剤と麻酔?を入れて、

2014-11-28-8.jpg

グッタリ・・・。
もう意識はない状態だそうです。

2014-11-28-9.jpg

今日は生検があるので、お迎えは2時間後の13時半です。
らいちゅ、いってらっしゃい。
**********
ちょっと遅れて、

2014-11-28-10.jpg

らいちゅご帰還。
元気に先生を引っ張ってきたライスの口には口輪がありません(◎_◎)
なんと、先生が持っていました。
喰われますよ・・・。

2014-11-28-12.jpg

★血液検査(10/3より)
・白血球・・・49(-46)
・好中球・・・25(-45)
正常値を下回っていました。
これはパラディア錠を飲み続けていることの副作用です。
・BUN・・・24.8(+1.3)
・CRE・・・1.0(-0.4)
・Na・・・149(±0)
は、あいかわらず高めも、腎機能の数値は落ち着いてます。
・ALT・・・129(+28)
・AST・・・38(+15)
・ALP・・・1369(+152)
肝機能の数値はちょっとあがっていました。
・TP・・・8.0(+0.6)

2014-11-28-14.jpg

★尿検査
・尿比重・・・1.041
・pH・・・6.0
ちょっと膀胱炎気味かな~も、特に問題はないそうです。
**********
それと、ネオがいなくなってから、まったく水が減らないので、ライスはほとんど水分を摂ってないことがわかりました。
なので、血液検査・尿検査・水分摂取量などを踏まえて、腎機能が低下していると考えるより、脱水の可能性が高いのではないかとのことです。
なんとなくそうではないかと思っていたので、やっぱりな・・・と言う感じです(^^;)
ただ、今の食事でも問題はなさそうなので、食事内容は変えずに、ちょっとだけおやつを解禁しようと思います。

2014-11-28-13.jpg

★CT検査(10/3)
腫瘍は6.9cm×4.4cm(5.2cm×3.3cm)と大きくなっていました。
全体に大きくなったというより、胆嚢側に伸びてきたように見えました。
**********
考えられるのは、
・今回の飲み方では、あまり効果がなかった。
・薬剤耐性ができてしまって、パラディア錠が効かなくなった。
ですが、おそらく、お腹の調子ばかり気にしていた今回の飲み方では効果がなかったのでないかとのこと。
CT検査をしなかったら、効果のない飲み方を続けるところでした。
やはり理想の飲み方は、30mg(体重1kgあたり2.5mg)を2日に1回。
でも、これを続けるとひどい下痢になります。
いくら効果があっても、生活の質を下げるような治療をしないのが基本なので、
・30mgを3日に1回にするか、
・25mgを2日1回にするか、
のどちらかの飲み方になるのですが、

2014-11-28-17.jpg

薬の効き方には、
・一気に薬剤の血中濃度を上げるもの(赤)
・できるだけ薬剤の血中濃度を保つもの(青)
の2種類があって、パラディア錠はゆるやかに効くものらしく、できるだけ血中濃度を保てる飲み方がいいのではないかとのことで、

2014-11-28-16.jpg

これからは25mgをちゃんと2日に1回飲ませることになりました。
ただし、ライスの体調が最優先です。
QOLの低下をしてまで続けるつもりはないし、先生もそうおっしゃっているので、ひどくお腹の調子を崩すことがあれば休薬します。
**********
ネオが飲めなかった10mgと50mgはライスが飲むことになり、50mgはライスの2回分になるので、半分に割ってもらい、足りない10mgと15mgをもらってきたつもりが、かあさんの計算間違いで、10mgが1個余分でした。
お高いお薬なので、先生もしっかり計算してくれたのにね(^^;)
お薬は12月24日までです。
**********
それと、白血球が減ってしまったので、

2014-11-28-15.jpg

造血機能の回復を促進する「セファランチン」という薬をのませることになりました。
先生からは、本当に効果があるのかないのかよくわからないものだと聞いていたので、帰ってから調べてみたら、なかなか不思議な薬でした。
この面白い薬、1日2回・1回2錠なので、28日分だと・・・なんと112錠(◎_◎)
薬を束でもらうなんて初めてです。
これが1万円札だったら、どんなに嬉しいことでしょう(笑)
**********
白血球がさらに減ってしまってはいけないので、年末年始の休みに入る前に血液検査をすることになりました。
ライスにはまだ内緒です(^^;)

2014-11-28-18.jpg

それと細胞は採れたそうで、結果はわかり次第連絡くださるとのことでした。
右前足に2回、右後足に1回、お腹に2回、合計5回も針を刺されたというのにケロッとしています。
本当にワンコは我慢強いです。

2014-11-28-20.jpg

いつも検査のあとはごはんを食べないのですが、めずらしく食べました。
しかも、ドライフードをガッツガツと・・・。
**********
先生はネオがいなくなってからのライスの様子をとても心配していました。
そろそろ3週間になりますが、その心配はまったくといっていいほどないように感じています。
涼しくなったこともあってか、最近はやたら元気で、時々おべ。ちゃん入ってるんじゃない?と思うことがあります。

2014-11-28-19.jpg

血管肉腫に効果があるといわれた分子標的薬でしたが、おべ。ちゃんには効果がありませんでした。
でも、もう出来ることがないと言われていたライスに使ってみたら、驚くほどの効果がありました。
なんとも皮肉なものです・・・。
だからこそ、おべ。ちゃんの分も、ライスは長生きしないといけません。
ライスの中で、おべ。ちゃんが生き続けてくれるのだと思っています。

2014-11-28-6.jpg
1回目
2014-11-28-11.jpg
2回目

体重・・・11.70kg(-0.45)
どうしても体重が減っていることに納得できなかったので、もう一度体重を量らせてもらったら、さらに減っていました。
検査室でうんちょしたようです・・・(^^;)
食欲は落ちてないので、おそらく副作用です。
もうちょっとごはんの量を増やそうと思います。
**********
診察料・・・¥1,200
注射料・・・¥2,450
検査料(CT検査・血液検査)・・・¥20,900
薬・・・¥7,530
・パラディア錠10mg(2日1回/1回1錠)・・・1錠
・パラディア錠15mg(2日1回/1回1錠)・・・5錠
セファランチン錠1mg(1日2回/1回2錠)・・・112錠(28日分)
爪切り・・・無料(^^*)

******************************

◆◇◆2017年5月追記◆◇◆

★2014年11月12日


【TEL】
 一般状態良好。
 下痢になったときは休薬している(最長で1週間くらい)。
 血液検査だけでは判断できないことがあるかもしれないので、CT検査希望。

**********

2014-11-28-ct2.jpg

★2014年11月28日

【体重】
 11.70kg

【問診】
 初診から30ヶ月、RT終了から28ヶ月、パラディア開始から4ヶ月

   パラディアは3日に1回を基本として投与している。
 現在、そこまで軟便にはならず経過は良好。
 下痢になったら休薬している(長くて1週間くらい)。
 食欲旺盛。活動性は非常に高い。
 本日病態解明のため再生検、免疫染色の許可をいただく。

【尿検査】
 色・・・濃黄
 比重・・・1041
 蛋白・・・15-30
 pH・・・6.0

【CT検査】
 内側左葉の腫瘍増大・・・6.9cm×4.4cm
 その他遠隔転移を含めて病変認めず。

【超音波検査】
 肝臓腫瘤・・・高エコー源性の塊状病変として描出される。
 5.1cm×4.6cm

【病理検査】  内側左葉の肝臓腫瘍および周囲の正常肝に対してそれぞれコア生検。
 (18Gエースカット針)
 免疫染色 (KIT,PDGFRβ,VEGFR2) を依頼。

【所見】
 腫瘤の縮小を認めた10月3日から約2ヶ月が経過し本日再検査を行ったところ、残念ながら腫瘍の再増大が確認された。
 生活に支障が出る程の下痢が出ていたことから10月3日以降パラディア錠の減量を行ったが、おそらくそれが原因で腫瘍が増大したものと考えられる。
 他にはトセラニブに対する耐性を獲得した可能性が考えられるが、まずは投与量をできるだけ増やしてみて再評価を行うべきであると相談の結果決まった。
 減量に関しては、投与量の減量(30mg/head→25mg/head)だけでなく軟便があった際には投与間隔も延ばしていたため、2日に一回の投与を出来る限り続けてみていただくこととなった。
 それで許容できない下痢が続き腫瘍の増大を招くようであれば、再度放射線治療に関しても検討していただくこととなった。
 今回は白血球数減少を認めたことからセファランチンの併用を開始。
 次回12月24日は血液検査のため来院。

******************************


★血液・生化学検査
★血液・生化学検査
項目
正常値
日付
WBC
白血球

RBC
赤血球

HGB
ヘモグロビン

HCT
ヘマトクリット

HCT%


岐阜大学 60~170 550~850 12~18 37~55 -
かかりつけ 60~150 550~1000 12~18 40~55 -
11/28 46 739 15.2 46.0 45
10/3 95 713 14.7 44.5 45
9/27 115 700 13.7 45.4 -
7/25 77 752 15.7 46.7 47
5/31 87 768 14.4 55.0 -
3/29 84 792 15.4 52.7 -
2014/1/31 78 767 16.7 48.5 49
11/24 121 826 16.3 52.3 -
10/5 65 814 16.7 52.1 -
7/22 61 769 17.2 49.2 50
4/19 68 762 17.2 49.2 52
2/6 - - - - -
2013/2/1 68 747 17.4 50.3 50
11/16 69 811 18.1 53.6 53
9/7 80 789 18.3 51.8 54
7/26 73 832 19.7 52.7 53
6/22 95 807 18.6 51.5 52
6/8 74 777 17.5 50.4 52
5/25 80 744 17.0 48.4 49
5/9 - - - - -
4/25 - - - - -
2012/4/15 88 763 15.6 50.0 -

項目
正常値
日付
MCV
平均赤血球
容積
MCH
平均赤血球
血色素量
MCHC
平均赤血球
血色素濃度
RDW
赤血球分布幅

岐阜大学 60~70 19.5~26.0 32~36 -
11/28 62.2 20.6 33.0 13.6
10/3 62.4 20.6 33.0 14.0
7/25 62.1 20.9 33.6 13.1
2014/1/31 63.2 21.8 34.4 13.3
7/22 64.0 22.4 35.0 13.0
4/19 64.6 22.6 35.0 12.6
2013/2/1 67.3 23.3 34.6 12.6
11/16 66.1 22.3 33.8 12.9
9/7 65.7 23.2 35.3 12.6
7/26 63.3 23.7 37.4 11.9
6/22 63.8 23.0 36.1 11.4
6/8 64.9 22.5 34.7 12.4
5/25 65.1 22.8 35.1 12.4

項目
正常値
日付
LY
リンパ球

MO
単球

EO
好酸球

GR
顆粒球

LY%


MO%


EO%


GR%


岐阜大学 - - - - 20~40 3~6 2~5 50~75
11/28 18 2 1 25 38.8 4.3 1.6 55.3
10/3 20 4 1 70 20.8 3.9 1.4 73.9
7/25 23 4 0 50 29.8 5.2 0.6 64.4
2014/1/31 15 3 2 58 18.8 4.0 3.0 74.2
7/22 12 3 1 45 20.2 4.1 1.8 73.9
4/19 17 3 1 47 24.9 4.0 1.1 70.0
2013/2/1 18 3 1 46 27.1 4.0 1.6 67.3
11/16 22 3 1 43 31.8 3.8 1.7 62.7
9/7 21 3 2 54 25.8 3.9 2.0 68.3
7/26 13 3 1 56 17.5 3.6 1.6 77.3
6/22 18 3 1 73 19.2 3.4 1.0 76.4
6/8 20 4 1 49 27.6 5.0 1.2 66.2
5/25 17 3 4 56 21.3 4.0 4.7 70.0
※ 「LY・MO・EO・GR」を足したものが「WBC(白血球)」

項目
正常値
日付
PLT
血小板

PCT
血小板濃度

MPV
平均血小板容積

PDW
血小板分布幅

岐阜大学 20~50 - - -
かかりつけ 10~45 - - -
11/28 40.4 0.21 5.2 16.1
10/3 38.2 0.23 6.1 16.0
9/27 32.3 - - -
7/25 34.5 0.21 6.0 15.6
5/31 43.3 - - -
3/29 36.2 - - -
2014/1/32 33.0 0.20 6.0 16.0
11/24 37.2 - - -
10/5 19.2 - - -
7/22 27.2 0.16 5.7 15.3
4/19 27.0 0.18 6.7 15.3
2/6 - - - -
2013/2/1 26.0 0.20 7.6 14.1
11/16 24.6 0.19 7.6 14.5
9/7 31.7 0.21 6.8 15.4
7/26 37.1 0.29 7.9 13.8
6/22 40.1 0.30 7.4 14.8
6/8 33.7 0.26 7.7 14.5
5/25 29.1 0.21 7.2 14.7

項目
正常値
日付
CRP


GLU
血糖値

T-CHO
総コレステロール

TG
中性脂肪

T-BIL
総ビ゙リルビン

TP
総タンパク

岐阜大学 ~0.4 70~140 111~312 17~102 0.1~0.5 5.0~7.2
かかりつけ - 70~143 110~320 - 0~0.9 5.2~8.2
11/28 - - - - - 8.0
10/3 - - - - - 7.4
9/27 - 105 192 - 0.2 6.9
7/25 - - - - - 8.6
5/31 - 87 211 - 0.4 6.6
3/29 - 94 216 - 0.3 6.9
2014/1/31 - - 310 72 - 7.8
11/24 - 92 245 - 0.6 6.9
10/5 - 84 199 - 0.5 6.4
7/22 0.1 - - - - 7.8
4/19 - - - - - 7.6
2013/2/1 - - - - - 7.9
11/16 - - - - - 7.6
9/7 - - - - - 7.2
7/26 - - - - - 7.8
6/22 0.2 - - - - 8.5
6/8 0.2 - - - - 8.0
5/25 0.1 104 259 - 0.3 7.6
かかりつけ - 55~110 81~157 - 0.2~0.4 6.0~6.8
5/9 - 86 217 - 0.2 -
4/25 - 77 186 - 0.2 -
2012/4/16 - 82 204 - 0.2 -

項目
正常値
日付
ALT


AST


GGT


ALP


岐阜大学 17~78 20~32 - 47~254
かかりつけ 10~100 - 0~7 23~212
11/28 129 38 - 1369
10/3 101 23 - 1217
9/27 113 - 40 409
7/25 278 36 - 3369
5/31 182 - 89 778
3/29 158 - 65 600
2014/1/31 129 29 - 2124
11/24 143 - 68 713
10/5 127 - 83 630
7/22 161 44 - 1729
4/19 126 28 - 1614
2/6 - - - -
2/ 1 122 32 - 1672
11/16 145 37 - 1924
9/7 279 58 - 2823
7/26 186 41 - 2552
6/22 167 46 - 2992
6/8 166 34 - 2585
5/25 114 30 - 2224
かかりつけ 10~50 10~30 - 10~200
5/9 148 10 - 1627
4/25 202 10 - 1697
2012/4/16 204 14 - 1138

項目
正常値
日付
ALB
アルブミン

GLOB
グロブリン

ALB/GLOB


BUN
尿素窒素

CREA
クレアチニン

BUN/CREA


岐阜大学 2.5~3.6 - - 9.2~29.2 0.4~1.4 -
かかりつけ 2.2~3.9 2.5~4.5 - 7~27 0.5~1.8 -
11/28 - - - 24.8 1.0 -
10/3 - - - 23.5 1.4 -
9/27 3.5 3.4 1.0 19.0 1.7 11
7/25 - - - 25.0 1.4 -
5/31 3.4 3.2 1.1 23.0 1.5 15
3/29 3.3 3.6 0.9 22.0 1.7 13
2014/1/31 - - - 23.6 1.3 -
11/24 3.1 3.8 0.8 18.0 1.5 12
10/5 3.5 2.9 1.2 29.0 1.2 24
7/22 - - - 34.5 1.4 -
4/19 - - - 27.0 1.2 -
2/6 - - - 21.0 1.7 -
2013/2/1 - - - 32.5 1.2 -
11/16 - - - 26.6 1.1 -
9/7 - - - 24.7 1.1 -
7/26 - - - 24.0 1.1 -
6/22 - - - 24.6 - -
6/8 - - - - - -
5/25 3.8 - - 24.4 1.2 -

項目
正常値
日付
Ca
カルシウム

IP
無機リン

Na
ナトリウム

K
カリウム

Cl
クロール

岐阜大学 9.2~10.9 4.1~5.5 133~146 3.9~5.1 100~120
かかりつけ 7.9~12.0 2.5~6.8 141~152 4.4~5.5 105~115
11/28 - - 149 4.5 118
10/3 - - 149 3.9 119
9/27 10.1 4.9 - - -
7/25 - - 150 4.2 118
5/31 10.0 3.8 - - -
3/29 10.4 3.5 - - -
2014/1/31 - - 150 4.0 119
11/24 10.3 3.8 136 4.0 133
10/5 9.9 3.5 - - -
7/22 - - 148 4.0 117
4/19 - - 149 3.8 121
2/6 - - - - -
2013/2/1 - - 148 3.7 118
11/16 - - 148 3.7 117
9/7 - - 150 3.9 118
7/26 - - 149 3.8 115
6/22 - - - - -
6/8 - - - - -
5/25 10.7 3.0 147 3.7 120

項目
正常値
日付
Amy
アミラーゼ

Lip
リパーゼ

PT


APTT


FIB
フェブリノゲン

岐阜大学 399~1041 30~160 6.8~8.6 13.1~26.9 88~336
2014/11/28 - - 7.6 17.8 289
2012/5/25 945 130 7.8 17.4 523
・PT・・・プロトロンビン時間
・APTT・・・活性化部分トロンボプラスチン時間

★尿検査
項目
正常値
日付
尿比重


pH


Pro
タンパク

Glu


Ket
ケトン体

Bil
ビルビリン

OB
潜血

Urob
ウロビリノゲン

岐阜大学    
かかりつけ医    
11/28 1.041 6.0
(15~30)
±
9/27 1.021 6.5
7/25 1.032 6.0          
6/15 1.044 6.0 ±
6/7 1.040 6.5
5/31   6.5
3/29 1.026 7.0
2014/1/31 1.030 8.5            
11/24 1.024 7.0
2013/10/5   7.5

【 2014/11/28 15:20 ★ わんことの生活 / 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎

| ホーム |


spacer.gif